スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気ショック発生器

電気ショック発生器を作りました(爆)



と言っても、そんなに強いものではありません。
ビリビリくる程度です。

火花はほとんど出ません。


中身。



回路は、インターネットで見つけたものを元にして、ちょっと変えてみました。
(トランスを使っています)


電源は006P×2本の18Vです。
一応、家にあったマンガン乾電池を使っています。



ボリュームをつけて強さを可変にしました。
(最初の写真の右下のでっぱりがツマミ)


発生する電圧は、実測でAC100V程度~350V程度でした。
(出力オープン時)

端子に触れると、電圧はそれより下がります。




僕は、強さを一番弱くした時ではもう慣れて、指で触ったときはあまり痛くないのですが、最強はまだ1回くらいしかやってない…


筋肉が震える感じです。




今日まげとかに触らせたら、結構ビビったようです。

一応、今日触らせたのは全て、最弱に設定してあったんだけどな…



・ドラえもん名場面
のび太:げんこつ二十三発、足げり十五回、つきたおし二回……。
(ジャイアンから受けた技を数えている…)
(てんコミ38巻P62「しかえし伝票」)

HT82V739でポタアン

ポタアンと言っていいのか分かりませんが、持ち運びできるアンプであることは確かです。
(ヘッドホンアンプではないので…)


1月1日にスピーカーを作ったので、それにつけるアンプの方を作りました。


ピント?気にしない。

HT82V739というICを2つ使って、単三2本使用です。

単三3本用の電池ボックスに収めました。


回路図はデータシート通りです。
このIC、2.2V~5.5Vで動作して、出力は最大1.2Wです。


結構いいICだと思いますよ。
秋葉原の秋月電子通商に売ってます。




これを前作ったスピーカーに繋ぐと…


結構大きな音が出ます。
(iPodの音量を上げすぎると音が割れますが…)

ちなみに、家にある、もっと大きなスピーカーに繋げたところ、同じ音量にしてももっと大きな音が出ました。


単三2本でこんな大きな音が出せるんですね…ってくらい。
まぁ、eneloopですが。



これは結構使えそうです。



明日から学校だ…

USB充電器の製作

USB充電器(USBメス端子がついていて、それにいろんなケーブルを差すことで、いろんな機械を充電できるもの)を作りました。

夏休みに、中国製PSP充電器を改造して、USB充電器を作りましたが、今回は、コンセントから充電できるようにしました。

今まで、iPodをコンセントから充電する機械を持っていなくて、ずっと鉛蓄電池から充電していたのですが、最近その電池がヘタってきたので、コンセントから充電できるように作りました。
(と言っても、ACアダプタを使っただけですが…)


それだけではつまらないので、単三電池を入れて、電池からも充電できるようにしました。
また、電源LEDもつけました。
電池残量が多い時は青色、少ない時は赤色が点灯します。



部品。


ダイオードが写っていますが(よく見えないかも)、作っている途中で、スイッチを忘れていることに気づき、ダイオードを使わずに、FETを使いました。
(スイッチは小型のスライドスイッチで、それでFETを制御します)

iPodの充電は、ただ5Vをかけるだけではできず、USBの信号線に、2.8V、2.0Vをかける必要があります、が、僕は、そのための分圧抵抗は、全て同じ10kΩにしました。
実際、それでもちゃんと充電できました。(iPod nano 5世代とiPod touch 4世代で確認)
USBメス端子は全部で6つ使ったので、分圧抵抗は24本必要です。抵抗値は、適当に、家にたくさんあった10kΩにしました。


基板表。


基板裏。

この時はまだFETをつけていません。



単三電池は8本入ります。
4本または8本(4本×並列2)で動作させられます。
並列と言っても、それぞれにFETをつけたので、電池から電池に電流が流れることはなかなか起きないと思います。


完成後。

この時は電池で動作させています。
USB端子は6つついているので、最大6つの機械を同時充電できます。
(そんなに要らないか…?)

6つにしたのは、買ったACアダプタが5V4Aで、80%ぐらい以下で使った方が安全なので、3.2A。
USBの最大規格は1個500mAなので、1個に500mA流れるとして、
3.2÷0.5=6余り0.2
だから、最大でも6つかな…と。

一応電池で充電するときも、6つまで同時充電できますが、早く電池が切れるでしょう…


今も、iPodなどの充電に使っています。

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。