スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の反磁性

最近はなかなか更新できませんでした。久しぶりの更新です。


身近にあるものを使って、水の反磁性の実験をしてみました。

【用意する物】
CIMG0938.JPG
ティッシュ(水を染み込ませる)…1組2枚
(裁縫で使うような細いもの)…1本
消しゴム(針を刺す台)…1個
ストロー…1本
ネオジム磁石(ダイソーにも売っている)…1個

他に、
・(つまようじ)(少し使う)…1本
はさみ、水、机、画用紙、デジカメ、曲尺たちにもご協力頂きました。



【手順】
まず、曲がるストローだったので先を切りました。ストローの長さは15cmに。

針でストローの真ん中(7.5cm)のところに穴を開けます。
そしてつまようじで穴を大きくします。穴に針を入れても摩擦でストローを回せないことがないように。

CIMG0949.JPG
(手前にあるのは針)



次に、消しゴムにまっすぐ針を刺し、下の写真のようにします。(針の尖っている方が上です)

CIMG0936.JPG
(この状態(この写真も)は、先端恐怖症の僕にはつらい…)


ティッシュに水を染み込ませて、適当な大きさにちぎります。×2回
CIMG0940.JPG


これをストローの両端から入れます。
CIMG0941.JPG
CIMG0943.JPG


そして、ストローに最初に開けた穴を針に刺して、完成です。
(ストローが水平に安定するようにし、少し息を吹いたりチョンと触れるだけでもストローが回ればOKです。下の台を持って回してもストローはあまり回りませんでした)
CIMG0944.JPG


ストローが静止した状態から、ネオジム磁石をストローのどちらかの端に近づけると、ゆっくり離れていきます。
CIMG0945.JPG


写真だと離れていくのが分からないので、YouTubeに動画をアップしました。




針の代わりにつまようじを使えば、ストローとの接触面積が大きいので感度は劣りそうですが、より安く作れますね。
磁石を除けば消しゴムが一番高いのだが…
何か代用品はあるかな?

でも8つ100円の消しゴムなので、磁石を除けば合計金額は単価14円で済みそうです。
(あ、紙粘土ならもっと安そうだ)



・最初、金柑を2つつけて実験していたのですが重すぎて摩擦が大きいのか、水分が質量の割に少ないのか、全然観測できませんでした。


・また、ストローの中にティッシュを入れなくても磁石を近づけると微かに動いた感じがしました。
・乾いたティッシュを入れた場合でも、濡れた場合ほどではないがゆっくり離れていきました。

これは、炭素も反磁性体だからだと思います。
黒鉛やダイヤモンドは反磁性体ですが、有機化合物は皆反磁性体なのか…?
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://utqcv314.blog102.fc2.com/tb.php/163-92f7adf8

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。