スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HT82V739でポタアン

ポタアンと言っていいのか分かりませんが、持ち運びできるアンプであることは確かです。
(ヘッドホンアンプではないので…)


1月1日にスピーカーを作ったので、それにつけるアンプの方を作りました。


ピント?気にしない。

HT82V739というICを2つ使って、単三2本使用です。

単三3本用の電池ボックスに収めました。


回路図はデータシート通りです。
このIC、2.2V~5.5Vで動作して、出力は最大1.2Wです。


結構いいICだと思いますよ。
秋葉原の秋月電子通商に売ってます。




これを前作ったスピーカーに繋ぐと…


結構大きな音が出ます。
(iPodの音量を上げすぎると音が割れますが…)

ちなみに、家にある、もっと大きなスピーカーに繋げたところ、同じ音量にしてももっと大きな音が出ました。


単三2本でこんな大きな音が出せるんですね…ってくらい。
まぁ、eneloopですが。



これは結構使えそうです。



明日から学校だ…
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://utqcv314.blog102.fc2.com/tb.php/104-e20c3338

Comment

まさお

アンプって何?
  • URL
  • 2011/01/17 18:23

UT

アンプっていうのは、amplifierの略で、「増幅器」という意味。
小さな信号を入力して、それを増幅して大きくして出力する。

iPodとかの出力(イヤホン端子)は、イヤホン用だから大きな音は出ないんだよ。
だから、スピーカーを鳴らせるほど大きな音にするために、アンプを使う。

ポチが言っていたように、トランジスタ単体にも増幅作用があるよ。
  • URL
  • 2011/01/18 19:44

ランスロット

さすが、UTだ、分かりやすいな。
  • URL
  • 2011/01/19 17:36

UT

どうも。
  • URL
  • 2011/01/22 23:05

バーバリー コート

はじめまして。突然のコメント。失礼しました。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。