スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画ドラえもん「のび太のひみつ道具博物館」感想

  • 2013/03/11 01:27
  • Category: 藤子F
3月9日(公開初日)、ドラえもんの映画「のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」を観てきました。
全体的に、とても良かったと思います。僕の好きなドラえもん映画でベスト3には入るかというくらいです。他に特に好きなのは、鉄人兵団(新旧ともに)、雲の王国、ブリキの迷宮、ロボット王国といったところでしょうか。
初めて使った映画館でしたが、スクリーンが大きく、座席も良く、席位置も良い場所を取ったのでとても良い環境で観られたと思います。

(できるだけネタバレなしでいきます)

「ドラえもん」のどの作品にも共通する「ひみつ道具」というワードが映画の題名に入っている時点で、ドラえもん総まとめのような作品になる感じがし、結構期待していたのですが、その期待を裏切ることなく、とても楽しくかつ泣ける作品になっていたと思います。
興行収入が映画ドラえもん史上最高の40億円を突破する見込みというニュース が流れていましたが、この題名が人を惹きつけたのではないでしょうか。

今回は大長編というよりテレビ版スペシャルに近いです。題名通り、作品中には数多くのひみつ道具が登場しますが、マニアックなひみつ道具がたくさん登場する場面もありました。

主題として、寺本監督は友情を挙げられていましたが、他にも科学技術や資源の問題、ものづくり、取り柄 などもあると感じました。「科学」「技術」については、今までにないくらい前面に押し出されていたのではないでしょうか。また資源については、ほぼ全てのひみつ道具が「フルメタル」で作られていることになっていましたが、これは21世紀のこの世界におけるレアメタルそのものだと思います。

僕は、最初の方でのび太たちがミュージアムに向かうシーンが、映像もBGMも迫力があって好きになりました。また、きこりの泉の女神ロボットがたくさん出てきて一斉に水鉄砲を発射する場面はネタでしょ、という感じです。

今回はゲストキャラが皆かわいい感じで悪役という悪役もいなく、推理小説のようなストーリー、また何しろひみつ道具がたくさん出てくるので、それといってファンでない方でも楽しめる作品になっていると思います。さらにものづくりをするような理系であれば、ゲストキャラのクルトに自分を重ねてみると良さそうです。とはいえ最後の方は涙が出てきました。泣ける要素も入っているし今回はオススメです。



※雑誌『ドラえもん』2013春号には、「2大ミュージアムWガイドブック」がついていて、ひみつ道具博物館と藤子・F・不二雄ミュージアムについて解説されています。
ひみつ道具博物館については、登場人物の相関図やドラえもんの鈴代わりになった物の一覧、「ひみつ道具13番勝負」で出たひみつ道具の一覧、他にも普通に映画を観ていては気づかないような注目ポイント、映画のひみつなどが載っていて、映画の内容を思い出させてくれます。
また藤子・F・不二雄ミュージアムについては、展示室Iに新しく加わった作品の紹介やドラえもんの歴代の大長編作品の一覧、藤子・F・不二雄主要作品年表、ミュージアムにあるモニュメントやサインの写真(中には気づきにくいものも!)などが載っています。
小さめの冊子なのですが、2つのミュージアムについて良くまとめられています。知らなかったことも結構載っていました。ドラえもんの漫画37作品が載った雑誌の付録なのですが、この冊子だけでもいい感じです。


今年はこの映画をもう一度また早く観たいです。また最近藤子・F・不二雄ミュージアムに行っていないので、展示内容も変わりましたしもうそろそろ行く予定です。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。