スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり秋葉原へ

昨日はなぜか放課後いきなり秋葉原へ行くことになったので行きました。

買ったもの
CIMG0825.JPG
・ネオジウム磁石
強力磁石。安かったです。ガウス加速器などに使える球体です。

・PT2399
オーディオでエコーを作るICです。入力信号をサンプリングして一旦デジタルに変換して、記録しています。
実は、こんなIC、昔(といっても2年前)からあったらいいな、と思っていたんです。
カラオケマシンに使えそうですね。


・抵抗
ごく普通の抵抗です。ただ、1/6W。1kΩと10kΩを100本ずつ。

・秋月「お楽しみ袋」
「ジャンク品詰め合わせ」みたいなものは初めて買いました。
新年だからこの「お楽しみ袋」を出したそうです。福袋みたいなものですね。1000円。

買う前から中身は見えるのですが、外から見ても3000円くらいの価値はありそうなものでした。

モジュールがたくさん入ったものもあったのですが、僕は、コンデンサなどの素子が多いものがいいと思ってそういうものを選びました。

そして開けてみると…

予想以上にたくさん入っていました。

CIMG0828.JPG

入っていたものは

・インダクタ 100μH 約210本
・可変抵抗 1kB 4個
・VHC245 約67個
・積層セラミックコンデンサー 0.01μF 足幅5.08mm 150個
・チップコンデンサー(3216サイズ) 約94個
・チップコンデンサー(2012サイズ) 4000個
・DCジャック 500個
・フィルター PHP-500 4個

という感じでした。コンデンサーが多い…
CIMG0837.JPG


VHC245は、Octal bidirectional transceiver with 3-STATE outputsだそうです。
「3状態の出力を持つ双方向性送受信機8回路入り」という感じでしょうか?
I/Oを兼ねたピン同士の通信に使えそうですが、今のところ全然使わないかな…
CMOSだからいいけど。



チップコンデンサーが4000個巻いてあるロール。
CIMG0840.JPG


CIMG0841.JPG
こんな感じでずっと巻いてあります。

また、こんな貼り紙が。
CIMG0830.JPG
150pF±5%ってことでしょうか?
容量が小さくて用途があまりない気がしますが…
LCメーターを製作途中なので、できたら測ってみます。

と思ったら、そういえば容量の測れるテスターがあった!


測ってみると…

0.152nF
=152pF


150pFだった…

そんなに使わないんだけど…
発振回路とかで、多用するように設計するかな…
でも4000個なんて。



3216サイズの方は、85nF=0.085μFでした。
これくらいなら使うこともあるかもですが、ちょっと半端。



積層セラミックコンデンサー0.01μFが150個ってのはとてもいいです。これだけで1000円でも安い方。

DCジャックは、よく分かりません。プラグがあれば結構いいのですが。



可変抵抗は、普通に使える感じです。



フィルターは、「超処分特価800円」の値札が貼られたものが4つ。これは実際は1個でも1000円以上したのでしょうね。
説明書が古びていました。

どんなフィルターかというと、500MHzのハイパスフィルターのようです。454MHzで?3dB。
500MHzも半端なような。僕は使わない…

分解してみるかも(笑)



インダクタは小型だから抵抗が大きいのがちょっと残念。(買う前から分かっていたことですが。)
保存状態が雑で足が曲がっているのがいくつも。

まあ、ジャンクなので文句は言えませんが。これでも使えないことはないし、他にもたくさん入っていたので満足です。

1000円の価値は十分過ぎるくらいあったと思います。




次回、機会があれば高圧のコンデンサーがいいかな…
表面実装の半導体は型番がちゃんと書いてなくて特定できないこともありますし。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。