スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤子・F・不二雄ミュージアム開館!行ってきました その3

  • 2011/09/29 23:05
  • Category: 藤子F
川崎市に9月3日(ドラえもんの誕生日!)に開館した「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ、開館当日に行ってきました。

その時の話ですが、長いので3回に分けて投稿します。

3つ目の記事です。
1つ目はこちら2つ目はこちら

目次
宿河原
登戸
F-train
オバQバス
ミュージアム入場
展示室I
ヒストリーロード
先生の部屋
展示室II
みんなのひろば
ミュージアムカフェ
はらっぱ
Fシアター
ミュージアムショップ
感想


※結構詳しく書いているので、これから行く方は、読まない方がいいかもしれません。




はらっぱ
そこから外に出ると、いつもの空き地の土管や、ドラえもん、どこでもドア、ピー助たちがいます。ここで記念撮影している人が多かったです。

・空き地の土管
土管

・ドラえもん
ドラえもん


写真4

・どこでもドア
どこでもドア


・ピー助
写真 8


ミュージアムカフェ側を見てみると
ピー助


林の中も、よく見るとキャラクターたちが…!!
これはジャングル黒べえです。
ジャングル黒べえ

パーマン1号、2号がお昼寝していました。
写真 10

他にも、Q太郎と一緒に記念撮影できるところも。探してみると、いろいろ見つかります。自転車置き場も行っていませんが、何かあったそうです。


こんな注意書きも。このチンプイかわいい。
注意書き

そこを回っていて、係員の呼びかけで気づいたのですが、「Fシアター」をまだ見ていませんでした。

ということで、早速Fシアターへ。5時の開演にぎりぎり間に合いました。




Fシアター
短編映画では、ドラえもんとパーマンのキャラクターが主に出てきましたが、他のキャラクターもみんなで行進していました!!
最初、ザ・ドラえもんズ「ゴール!ゴール!ゴール!」のように声がない映画なのかと思いましたが、ちゃんと声はありました。
短編といっても結構面白いものでした。

このシアター、映画自体も面白いのですが、他にも面白いことが…

雨でなければ、シアターに行けば分かります!

このことのせいで、会場は大爆笑になっていました。
シアターの外に座って寝てる人がいるという…




ミュージアムショップ
その後は時間もなかったのでミュージアムショップへ。
かなり混雑してました。

そして買ったのがこれ。
写真 16

あと、ジャイアンのCD(笑)
写真 17

キャラクターのビニールテープやエスパー魔美のフィギュアは売り切れてました。
チンプイのクリアファイルはもう一種類あったのですが、こっちだけ買いました。

奇天烈大百科のメモ帳もありました。僕のメガネで、枠線だけ引いてあるのが見えましたよ。
あとは、タケコプターのカチューシャなんてのも…

ここで買い物をしていると、Twitterの藤子ファンの方々に会いました。ドラミちゃんのコスプレをしている方も。
この日は、ありがとうございました。

ミュージアムショップの袋。この絵も結構好きです。
写真 14


レジの列は、6時前には、1階のレジから階段の3階まで+2階から壁をつたってまんがコーナー+その向かい側からひろばとの境目くらいまで続いていました。
一番長いときには、テレビの下まで…

本当は6時閉館なのですが、レジ列が長いので、全然閉館にはなりませんでした。
7時になると消灯し始め、シャトルバスも、時刻表では終了しているのにまだ運行していました。

7時頃にまたショップへ行くと、結構空いていて、商品の在庫を追加していました。

そしてミュージアムを出ようとすると、「またきてね!」のステッカーも。

バスに乗ると、今度はパーマンでした。
写真 15



ピンク色のバスはなかったっけ?魔美とか。




このミュージアムは、至るところにネタがあり、とても面白いです。藤子・F・不二雄先生本人の意志が表れている感じがします。

僕には、ただ面白いだけでなく、泣ける一面もありました。
悲しくて泣くのではなく、嬉しいというか、懐かしいというか…
チンプイや21エモンなどがテレビで放送されていたのは僕が生まれる前なのですが、あの、OPとEDを流し続けるテレビを見ると泣けます。僕は最近全然泣いていなかったのですが、思い出すだけで泣けました。


このミュージアムは、僕にとっては期待よりずっと上で、行く価値は十分ありました。
またいつか必ず行きたいと思います。そのときにはもっとゆっくりいろんなところを見て(トイレもキッズスペースも!…って、女子トイレとキッズスペースは無理ですね)、アンキパンを食べてウソ800を飲みたいです。


終わり
関連記事
スポンサーサイト

藤子・F・不二雄ミュージアム開館!行ってきました その2

  • 2011/09/29 23:05
  • Category: 藤子F
川崎市に9月3日(ドラえもんの誕生日!)に開館した「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ、開館当日に行ってきました。

その時の話ですが、長いので3回に分けて投稿します。

2つ目の記事です。

1つ目はこちら3つ目はこちら

目次
宿河原
登戸
F-train
オバQバス
ミュージアム入場
展示室I
ヒストリーロード
先生の部屋
展示室II
みんなのひろば
ミュージアムカフェ
はらっぱ
Fシアター
ミュージアムショップ
感想



※結構詳しく書いているので、これから行く方は、読まない方がいいかもしれません。




そして、ミュージアム行きのバスに乗ろうとすると、市バス一日乗車券があるとのことです。ドラえもんなどが描かれていて、往復の値段で買えるので、買うべきです。

こどもが水色、おとなが赤色
写真 9



オバQの白いバスでした。
写真 7
そういえば、シャトルバスは全てナンバープレートが「2112」なんです!
もう既に満員で、運転手さんの近くに。
運転手の帽子にはFキャラのバッジがいくつもありました。
また、降車ボタンはオバQ。
写真 8

10分ほどでミュージアムに着きます。


写真 10

この窓の形、実はあることに従っています。
それは、ドラえもん第1巻を見ると
ドラえもん第1話「未来の国からはるばると」のコマの区切りと同じ形です。


もう既に14時入場の長い列ができていました。

チケットを見せると、パンフレットとともに、初日限定のてぬぐいを貰いました。
「ミュージアム 十の掟」が書いてあります。
マルモ~
写真 13

初日の10時入場だと、手ぬぐいの代わりに巻き物が貰えたようです。


パンフレットはよく読むと、早速ネタがあります(笑)
(注意書きに…)
ちなみに、ミッキーマウスの絵が描かれた服を着ても、入れたそうです。

入場列の間もフィギュアが置いてあるのが見られます。
エスパー魔美のフィギュア、その位置だと下から見えそうなんですが…



入館すると、まず「おはなしデンワ」が配られます。
展示物の近くに書いてある番号を押すとその説明が聞けるものです。
子ども用にはドラえもんがクイズを出してくれるようになっていました。

また、Fシアター入場用のチケットもここで配られます。このチケット、かなり種類がたくさんあるようで、50種類くらいあるとか?
写真 11
弟と行ったので2枚。
Fシアターに入場すると、F字型に切られます。
(ドラえもんの手形に切られることもあるようです)


そして展示室へ歩くと…
この日にシルシルミシルに出ていた方がいらっしゃいました。

壁の案内表示をよく見ると、キャラクターが描かれていて楽しいです。




展示室I
マンガの作る手順を3Dで、ドラえもん、のび太、ドラミちゃんが説明してくれるものがありました。

また、原画が何十枚も…
ドラえもん、オバQ、パーマン、エスパー魔美、チンプイ、キテレツ大百科といった作品の原画が皆ありました。

原画の右下にコピーロボットマークがついているものは複製だそうです。全く見分けがつかないのですが。

ずっと光に当てておくと色が劣化するので取り替えているのだとか。

その原画のアニメ版を小型の画面で流していたり…


また、実物大のパーマンセット奇天烈大百科星野スミレのサインなどの物も置いてあり、素晴らしいです。

原画を入れる棚を再現したものがあって、中には「行方不明」の原画も…

壁に描いてある絵は、気になって話している人も何人か見られました。マクロに見ると分かります。
パンフレットと若干絵が違ったような…




ヒストリーロード
藤子・F・不二雄先生の歴史をビデオで解説したものもありましたし、実際に先生が使っていた鉛筆もありました。
「シルシルミシル」では「Bを愛用していたんですね」と話していたと思いますが、実際にはHBもありました(笑)

アイデアノートや、手塚治虫先生から贈られた手紙の実物も…

長い年表があって、1933年から2011年まで書いてあります。

…と、よく見ると、2112年も書いてあります。
「ドラえもん誕生」




先生の部屋
その先に進むと、先生が実際に使用していた机が…
恐竜のフィギュア、はしご車、猫の人形もありました。
また、上を見上げると、高い本棚が!!
先生の蔵書です。

先に進んでいくと、階段があって、展示室IIに行けます。




展示室II
展示室IIは、時期によって展示物を変えるそうです。
最初は、各作品の第1話についてでした。

「ドラえもん」のアイデアが「てぶくろてっちゃん」を元にしていたという話は、このミュージアム建設の準備中に見つかったメモから分かったことだそうです。

いろんな作品の第1話の原画が…
「のび太の恐竜」の原画もたくさん!

パーマンバッジの形をした椅子がいくつもありました。


奥の出口から外に出ると、きこりの泉があります。
ここで、きれいなジャイアンと記念撮影できます。
写真 12




みんなのひろば
展示室の次は、「みんなのひろば」に繋がっています。屋内の。
ここでおはなしデンワは回収されます。
写真 2

プリクラがあり、長い列ができていました。
ガシャポンもあり、係員がカプセルをいつも継ぎ足していました。大きなドラえもんの中に、最初はカプセルが満タンに入っていたのですが、それも足の方まで少なくなっていきました。
このガシャポンは、ミュージアム限定です。

弟と合わせて3回回して、手に入れたのはこれ。
写真 18

回転させると動画に見えるような仕掛けのものや、パズルのようなものなど、いろんなものが置いてありました。


そしてその上には、テレビがあり、そこでずっと、F作品のオープニングとエンディングを流していました。
写真 12
ドラえもん、キテレツ大百科、チンプイ、21エモン、エスパー魔美、ジャングル黒べえなどは確認しました。

このテレビ、ずっと見ていても飽きません。昔にテレビでやっていて、最近は全く放送されることのなかったものが、このテレビで放送されているということで、涙が出そうになります。

「青い空はポケットさ」「シンデレラなんかになりたくない」「はじめてのチュウ」といったエンディングが流れているときは特に…



また、大全集などのマンガが読める「まんがコーナー」もあります。初日は、大全集にハガキが挟まっていたりしたのですが、今度行ったらどうなってるかな…

まんがコーナーの隣にはキッズスペース。
↓とのことです。
写真 11


あと、僕は一回も入っていないのですが、トイレも見てみると面白いそうです。




ミュージアムカフェ
階段を上がると、ミュージアムカフェがあります。食事は、なんと90分待ち!!でした。
アンキパンを食べたかったんですが、諦めました。また、ウソ800もあるようです。冬季限定の「ジャイアンシチュー」も出るそうなので、食べてみたいです。

仕方なかったのですが、隣にお持ち帰りもあり、そっちでは食べられました。
買ったのは、「コロ助いナリ。」「パーマン焼きそば」「Fの森のから揚げ」です。
どの品もキャラクターに関係していて面白いです。


・Fの森のから揚げ
写真 1

・パーマン焼きそば
写真 2

開けてみると…
写真 5


・コロ助いナリ。
写真 2

開けてみると…
写真 4


藤子・F・不二雄ミュージアム開館!行ってきました その3へ続く
関連記事

藤子・F・不二雄ミュージアム開館!行ってきました その1

  • 2011/09/29 23:00
  • Category: 藤子F
川崎市に9月3日(ドラえもんの誕生日!)に開館した「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ、開館当日に行ってきました。

その時の話ですが、長いので3回に分けて投稿します。

1つ目の記事です。
2つ目はこちら3つ目はこちら

目次
宿河原
登戸
F-train
オバQバス
ミュージアム入場
展示室I
ヒストリーロード
先生の部屋
展示室II
みんなのひろば
ミュージアムカフェ
はらっぱ
Fシアター
ミュージアムショップ
感想



※結構詳しく書いているので、これから行く方は、読まない方がいいかもしれません。

チケットは完全予約制ですが、初日の14時をなんとか手に入れました。

ローチケのサイトを見ると、かなり人気で、初日でなくても、土、日、祝日は全て売り切れています。一回の入場者数制限が500人だそうなので、1日に2000人来ていることになります。


宿河原にローソンのFキャラコラボ店舗があったり、小田急線の駅メロが変わっていて、F-trainが走っていたりするので、早めに家を出たのですが…

チケット忘れた!

気づいたのは電車に乗る前で、ワンセグで「シルシルミシル」で藤子・F・不二雄ミュージアム特集をやっていたので見ていて「完全予約制!チケットは全国のローソンで」というのを見て思い出しました。

もし見ていなかったら…

危ないところだった。

時間の余裕を持っていてよかった。
家に取りに帰りました。


電車に乗って、車掌さんは何も言わないし、車内に電光掲示板もなく、窓の外を見ても駅名表示は見当たらず、どこの駅か分からなかったのですが、テキトーに降りたら2つ前でした。

次の電車が12分後だったし…




宿河原駅で降りると、ミュージアムの広告が並んでいました。
写真 1


宿河原駅を出ると、目の前にローソンがありました。
写真 2
ググったときはもうちょっと歩くのかと思ってましたが…

このローソン、Fキャラがたくさん描かれています。天井にも、壁にも、床にも。
大全集などのマンガ、ぬいぐるみ、文房具などのキャラクターグッズも売っていて、一番くじもやっていました。

くじの景品で、アンキパンのクッションがまだ2つあったのに、「この景品は終了しました」というようなことが書かれていたのですが…



町中の街灯にもミュージアムの旗がついていました。
写真 3



動きが遅い台風が近づいていたのですが、雨が一時的に強くなったり止んだり…

この台風はフー子で、ミュージアム開館を祝いに来たのでしょうか?(笑)




登戸駅に着くと、バス停にはキテレツの黄色いバスが止まっていました。
写真 4
ジャイアンやQ太郎なども描かれていますね。


写真を撮っている人がたくさん…
中にはカメラマンのような、大きなカメラで撮影している人もいました。



小田急線登戸駅構内に入ると、Fキャラがたくさん!!
写真 2

写真 6

写真 1

写真 6

写真 5

すごいです。興奮します。



登戸駅の駅メロは、「夢をかなえてドラえもん」でした。


その後、小田急線で向ケ丘遊園へ。

向ケ丘遊園の駅メロには、「ドラえもんのうた」「はじめてのチュウ」がありました。

この駅メロ、感動…
泣いちゃいます。




向ケ丘遊園駅にいたら、電車が来て…

それがF-trainでした!
写真 5

写真 4

写真 3
こんな早く会えるとは思わなかった!
電車が過ぎ去ってから、「乗ればよかった」と思いました。
中は全部ミュージアムやFキャラの広告らしいので。


残念なことに、F-trainの外装ラッピングは、9月で終了することになりました。
東京都の条例に反してるとのことで。キャラクターの絵が広告だとみなされたようです。文字は全く書いてないのに。
内装は続けるそうですが。
もう一日一往復しか走っていないそうです。

藤子・F・不二雄ミュージアム開館!行ってきました その2へ続く
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。