スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100円ショップ「プッシュライト」の改造

100円ショップで長い間売られているこのライト。
6CA7420F-01D5-4E4E-8DC7-A01F8C3374D6.JPG

このライトは、単三4本で豆電球を点灯させるライトです。

昔からいろんなところで売っていました。
(震災の時は売り切れていましたが)

今回買ったのは単三4本用ですが、単三2本の小さいサイズのもありました。

また、最近はシルク系列などでは、似た商品に、白色LEDを使ったものも見かけました。
それは確か単四3本です。LEDは確か3個。




さて、改造ですが、今回はこれに調光機能をつけようと思います。
また、豆電球は電球色LEDに取り替えます。

白色LEDより温かみのある色で、この色は結構好きです。


ライトの裏面には「MADEINCHINA」の文字が。
4B33EB32-D7F3-4FEE-B897-642E2934C349.JPG

点灯させてみた様子。
明るさは当てになりませんが。
C402F472-E117-4286-8D70-101C250E0D25.JPG



分解。
裏のネジを取ると簡単に分解でき、ソケットはめ込んであるだけでした。
85BD54A0-B6D7-4ED7-B7EB-884AC9EA6565.JPG


ということで回路図
5AD55EF1-3678-43E8-A802-D2CD70EE49A7.JPG

この回路図は、iPhone向けアプリ「iCircuit」で作りました。この前のアップデートでかなり使いやすくなりました。



2つのダイオードによって555の充電電流と放電電流の比を変えることによって、PWM制御をしています。

つまり、明るさの変化は無段階可変ですが、LEDに流れる電流はデジタルで制御されるということです。


材料
FA7335D5-7EEE-4ABE-8F13-32B26392E8E5.JPG
抵抗 1kΩ …1本(PchFETがない場合はもう1本)
積層セラミックコンデンサー 0.1μF …2個
ダイオード(小信号用。1N4148など) …2本
IC 555(NE555、LMC555など) …1個
FET PchMOS(エンハンスメント型)(2SJ)でパルスドレイン電流1A以上流せるもの(2SJ377など) …1個
(僕は手持ちになかったので、2SA1015とNchMOS-FET(エンハンスメント型)(2SK2231など)で作りました)
可変抵抗 100kΩ(Aカーブ) (スイッチ付きだと尚良い)
基板
ハイパワーLED
(僕はこれを使いました。ウォームホワイトです)


他に、
・線材
・アルミ板(放熱用)
・半田
・放熱用シリコーン
など…



配線はこんな感じになりました。
2429427C-D263-41CA-A5BD-9444B879FD0B.JPG


ボリュームはこんな感じで取り付けられました。
59AB5DD3-CBCF-4872-A7CC-D9677342C72B.JPG



改造後、最低輝度。
75813254-3DCE-4D38-A824-68461ED2F5E1.JPG


改造後、最高輝度。
ABE2BAEF-BF4A-4252-89E1-396D118FB95B.JPG

改造前の、豆電球の消費電流を測ってみると、0.46Aでした。
LED最高輝度にしたときの全体の消費電流は…



0.62A!!

残念ながら、「省エネ」にはなりませんでしたorz

まあ、豆電球より明るくなりましたが。


ちなみに、LED以外の部分の消費電流は、最高輝度で9mA、暗いほど下がっていきました。


LEDの消費電力は、

0.62[A]×3.25[V]=2.015

大体2Wくらい。
僕が使ったLEDは3Wなので、放熱をちゃんとすればもっと流せるようです。
(データシートによると、800mAまで)


僕はLEDに3Wウォームホワイトの66ルーメン(@350mA)を使いましたが、普通の白色LEDであれば、同じ電力でももっと明るかったりします。
色が冷たい、とかありますが。


秋月には1Wで100ルーメンの白色LEDもありますし。

LEDの値段は、どんどん価格が下がっています。
発売当初は1W80ルーメン300円のものがあったと記憶していますが、今は1W100ルーメンで150円になっています。

LEDは低価格化、高効率化し、そしてどんどん明るくなっていきますから。
これはとても嬉しいことです。


販売されているLEDもハイパワーの物が増えていますし、LEDの進化が感じられます。


この間買った3W白色LED放熱板付きは、250円だったのですが、袋に600円と表示されていました。値段を書き換えていないのかな。
スポンサーサイト

iPodのDockコネクタの改造

iPodの動画をテレビに出力してみたいな~と思って、試してみました。
(先に結論を言うと、映像は出力できなかった)

まず、100円ショップでiPodをUSBで充電するケーブルを買いました。(Dockコネクタ目当て)
あと、RCAも。


iPodのDockのピンの順番は、iPodの画面が上になるようにして置いた状態で、ケーブルを差して左から1、2、…30です。
(こんな小さいところに30本も端子があるんですね…)


最初は、4本の線が、USB用に差さっていました。

16-USBグランド
25-USB信号-
27-USB信号+
23-USB電源


映像と音声を出力してみたかったので、元々差さっていたピンを抜いて、次の端子に差し替えてみました。

2-音声グランド
3-音声R
4-音声L
8-映像


映像のグランドがよく分からなかったのですが、とりあえずこの4つに差してみました。



結果…
何も出てこない!

何の信号も出てきませんでした。(映像端子になぜかDC約3Vがありましたが)

ちなみに使ったiPodは、iPod nano 5世代と、iPod touch 4世代です。
両方無理でした。


そこでググってみると、新しめのiPodの場合、音声出力には、11と15をショートし、68kΩを介して21につなぐ必要があるそうです。

しかし、ショートするためのピンがなかったので、後日、また同じケーブルを買いました…
(100円が無駄になるよりは…)



そして、11と15をショートしてみると、音声は出ました!

(ちなみに、68kΩで21ピンっていうのは、iPhoneで機内モードの警告を出さないためだそうです。僕のiPod touchでは、68kΩをつけなくても警告は出ませんでした)



映像の出力が出ないなぁと試行錯誤してから、ググってみると、どうやら、映像を出力するにはだそうです。


ということで、あきらめました(笑)



結局、音声だけ出力するケーブルになりました。
まぁ、これでもアンプに繋ぐ時に使えるので、使います!

改造は、もとのUSB端子ははずさず、家にあったUSBメスを繋いで、そこにRCA端子を繋ぎました。



・ドラえもん名場面
のび太:お説教なんておもしろいもんじゃないからね。長ながやると、このマンガの人気がおちる。
のび助:いいや二ページほどやる!!
(てんコミ8巻P182「くろうみそ」)

「2 WAY ランタン」の改造

先日買った、100円の「2 WAY ランタン」の改造です。


今年7月に、こんなライトが100円ショップにあることを知り、いろんな100円ショップを回ってみたのですが、なかなか見つかりませんでした。
が、10月にやっと見つけました。普段通りもしない駅の100円ショップ「Seria」で。

このライト、ヘッド部を前後に動かすことで、手に持ったり、ランタンとして置いたりできるんです。100円でこれはすごいと思います。

光らせてみた様子。(明るさは当てになりませんが)


「改造」といっても、ただ昇圧回路を取り替えるだけですから、あまりなんともないのですが、まあ、回路を取り替えた方が明るくなることが見て分かったので…
もともとの回路は、インダクタ1個とチップIC1個でした。これを、HT7750Aという僕のお気に入りのICを使った回路に変えました。
部品は、HT7750Aと、チップショットキダイオードです。インダクタは、もともと入っていたものを再利用しました。
(出力のコンデンサーは、入れた方がいいですが、場所の関係上僕は省略してしまいました(爆))
回路図は暇があれば書きます。が、ほとんどデータシート通りで、コンデンサーを省略したくらいです。

(改造は自己責任で)
改造するときは、ボディ部分を回して開けて、ヘッド側の中の黒いプラスチックをラジオペンチで引っこ抜きました。
この後ねじが2本ついているのが分かります。100円でここまでするのはなかなかないと思います。ちなみに、ヘッド部のゴムを無理やり取ると、ねじが4本ついています。
ねじを取ると、基板が出てきます。僕は、最初からついていた部品はまた取っておこうと思っていたのですが、基板からICを外す間に、ICを壊してしまいました。
ICの動作電圧なども調べたかったのですが、無理orz…


まあ、回路を替えただけですが、最初から結構いいライトだと思うので、まあ使えるでしょう。

・ドラえもん名場面
のび太:ぼくは、だんぜんがき大将になる!!
(てんコミ2巻P37「ゆめふうりん」)
のび太の将来の夢!?

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。