スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の反磁性

最近はなかなか更新できませんでした。久しぶりの更新です。


身近にあるものを使って、水の反磁性の実験をしてみました。

【用意する物】
CIMG0938.JPG
ティッシュ(水を染み込ませる)…1組2枚
(裁縫で使うような細いもの)…1本
消しゴム(針を刺す台)…1個
ストロー…1本
ネオジム磁石(ダイソーにも売っている)…1個

他に、
・(つまようじ)(少し使う)…1本
はさみ、水、机、画用紙、デジカメ、曲尺たちにもご協力頂きました。



【手順】
まず、曲がるストローだったので先を切りました。ストローの長さは15cmに。

針でストローの真ん中(7.5cm)のところに穴を開けます。
そしてつまようじで穴を大きくします。穴に針を入れても摩擦でストローを回せないことがないように。

CIMG0949.JPG
(手前にあるのは針)



次に、消しゴムにまっすぐ針を刺し、下の写真のようにします。(針の尖っている方が上です)

CIMG0936.JPG
(この状態(この写真も)は、先端恐怖症の僕にはつらい…)


ティッシュに水を染み込ませて、適当な大きさにちぎります。×2回
CIMG0940.JPG


これをストローの両端から入れます。
CIMG0941.JPG
CIMG0943.JPG


そして、ストローに最初に開けた穴を針に刺して、完成です。
(ストローが水平に安定するようにし、少し息を吹いたりチョンと触れるだけでもストローが回ればOKです。下の台を持って回してもストローはあまり回りませんでした)
CIMG0944.JPG


ストローが静止した状態から、ネオジム磁石をストローのどちらかの端に近づけると、ゆっくり離れていきます。
CIMG0945.JPG


写真だと離れていくのが分からないので、YouTubeに動画をアップしました。




針の代わりにつまようじを使えば、ストローとの接触面積が大きいので感度は劣りそうですが、より安く作れますね。
磁石を除けば消しゴムが一番高いのだが…
何か代用品はあるかな?

でも8つ100円の消しゴムなので、磁石を除けば合計金額は単価14円で済みそうです。
(あ、紙粘土ならもっと安そうだ)



・最初、金柑を2つつけて実験していたのですが重すぎて摩擦が大きいのか、水分が質量の割に少ないのか、全然観測できませんでした。


・また、ストローの中にティッシュを入れなくても磁石を近づけると微かに動いた感じがしました。
・乾いたティッシュを入れた場合でも、濡れた場合ほどではないがゆっくり離れていきました。

これは、炭素も反磁性体だからだと思います。
黒鉛やダイヤモンドは反磁性体ですが、有機化合物は皆反磁性体なのか…?
スポンサーサイト

モスキート音発生器

LMC555というICで、モスキート音を作ってみました。

単四エネループ2本を電源にしていますからそんなに大きな音は出ません。というより、聴こえません(笑)。
回路図です。

普通の発振回路ですが、VRのところは直列に抵抗をいれたほうがいいかも。
この回路でだいたい10kHz~20kHzの音が出せます。僕がだんだんと周波数を上げていってどこで聴こえなくなるかなと思ったら、14kHzでした・・・
耳が悪くなってきている?ちなみにこの回路で16.5kHzを聴き続けても、別になんともありませんでした(笑)。というより聴こえません。
もっと音量を上げたほうがいいかな?

P.S.(2010.09.02)
回路図が間違っていたので、直しました。

コンデンサ ショート実験

最近やった実験のひとつ、コンデンサのショート実験です。電解コンデンサに、TL499ACPで数十ボルトの電圧を蓄えて、それをはさみや針金でショートさせました。(IC壊れるかも)
※この実験は感電の恐れがあるので、良い子も悪い子も絶対真似しないでね!!

左のテスターの数字はコンデンサ(3300μF50V)にたまった電圧です。40V程ためました。はさみが融けて抵抗がくっついています。
何回もこんな実験をやった後のはさみ・・・
この実験をやる前は、新品同様だったのに・・・


今度は針金でショートさせました。同じコンデンサに42Vくらいためました。
なぜこんな実験をやったかって、それは、TL499ACPでLEDを点灯させる回路をブレッドボードで組んでいたら、偶然コンデンサをショートさせてしまって、コンデンサに数十ボルトの電圧を蓄えてショートさせると火花が散るということに気づいたからです。工場だとこれよりずっと大きな火花が毎日のように散っていますし(僕の家の近くの工場とか)、花火でもっと大きなのを見られますが、コンデンサだと何回もできるし、お金もあまりかからないし、あと、コンデンサという電子部品だからこそ、なんかいいんです。この実験をやっているとびびりますし、ショートさせようとしてもなかなかショートしないときとか、本当に怖いんですが、何回もやりたい感じ。
もう一度言いますが、この実験は感電の恐れがあるので、良い子も悪い子も絶対真似しないでね!!

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。