スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画ドラえもん「のび太のひみつ道具博物館」感想

  • 2013/03/11 01:27
  • Category: 藤子F
3月9日(公開初日)、ドラえもんの映画「のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」を観てきました。
全体的に、とても良かったと思います。僕の好きなドラえもん映画でベスト3には入るかというくらいです。他に特に好きなのは、鉄人兵団(新旧ともに)、雲の王国、ブリキの迷宮、ロボット王国といったところでしょうか。
初めて使った映画館でしたが、スクリーンが大きく、座席も良く、席位置も良い場所を取ったのでとても良い環境で観られたと思います。

(できるだけネタバレなしでいきます)

「ドラえもん」のどの作品にも共通する「ひみつ道具」というワードが映画の題名に入っている時点で、ドラえもん総まとめのような作品になる感じがし、結構期待していたのですが、その期待を裏切ることなく、とても楽しくかつ泣ける作品になっていたと思います。
興行収入が映画ドラえもん史上最高の40億円を突破する見込みというニュース が流れていましたが、この題名が人を惹きつけたのではないでしょうか。

今回は大長編というよりテレビ版スペシャルに近いです。題名通り、作品中には数多くのひみつ道具が登場しますが、マニアックなひみつ道具がたくさん登場する場面もありました。

主題として、寺本監督は友情を挙げられていましたが、他にも科学技術や資源の問題、ものづくり、取り柄 などもあると感じました。「科学」「技術」については、今までにないくらい前面に押し出されていたのではないでしょうか。また資源については、ほぼ全てのひみつ道具が「フルメタル」で作られていることになっていましたが、これは21世紀のこの世界におけるレアメタルそのものだと思います。

僕は、最初の方でのび太たちがミュージアムに向かうシーンが、映像もBGMも迫力があって好きになりました。また、きこりの泉の女神ロボットがたくさん出てきて一斉に水鉄砲を発射する場面はネタでしょ、という感じです。

今回はゲストキャラが皆かわいい感じで悪役という悪役もいなく、推理小説のようなストーリー、また何しろひみつ道具がたくさん出てくるので、それといってファンでない方でも楽しめる作品になっていると思います。さらにものづくりをするような理系であれば、ゲストキャラのクルトに自分を重ねてみると良さそうです。とはいえ最後の方は涙が出てきました。泣ける要素も入っているし今回はオススメです。



※雑誌『ドラえもん』2013春号には、「2大ミュージアムWガイドブック」がついていて、ひみつ道具博物館と藤子・F・不二雄ミュージアムについて解説されています。
ひみつ道具博物館については、登場人物の相関図やドラえもんの鈴代わりになった物の一覧、「ひみつ道具13番勝負」で出たひみつ道具の一覧、他にも普通に映画を観ていては気づかないような注目ポイント、映画のひみつなどが載っていて、映画の内容を思い出させてくれます。
また藤子・F・不二雄ミュージアムについては、展示室Iに新しく加わった作品の紹介やドラえもんの歴代の大長編作品の一覧、藤子・F・不二雄主要作品年表、ミュージアムにあるモニュメントやサインの写真(中には気づきにくいものも!)などが載っています。
小さめの冊子なのですが、2つのミュージアムについて良くまとめられています。知らなかったことも結構載っていました。ドラえもんの漫画37作品が載った雑誌の付録なのですが、この冊子だけでもいい感じです。


今年はこの映画をもう一度また早く観たいです。また最近藤子・F・不二雄ミュージアムに行っていないので、展示内容も変わりましたしもうそろそろ行く予定です。
スポンサーサイト

3回目の藤子・F・不二雄ミュージアム

  • 2012/07/04 19:19
  • Category: 藤子F
2回目は記事に書いていませんが、友達と行きました。

今回は一人で(笑)

6月30日の16時入場、つまり6月最後です。
ジャイアンフェアが6月の1ヶ月間だけなので、チケットが残っていて日程が合うところを探すと、ここだけだったのです。

今回は、前と変わったところを中心に書いていきます。


宿河原駅から徒歩。
至る所に案内板があるので迷わない。

CIMG2074.JPG

徒歩で到着。生田緑地は、小学生の頃何回も行った記憶があります。

CIMG2082.JPG


中に入るとまず館内での注意や説明をされますが、今回はiPadとテレビを使って注意事項などの画像を表示していました。(パワーポイント的な)

そしてまず、今回の目的だった「ジャイアンシチュー」を購入。持ち帰りできますが、6月の1ヶ月間のみの販売です。

また、Fシアターへ。前に行ったときは2回ともドラえもん・パーマンの話だったのですが、今回は違うものを観られました。

キャラクターの声は出てこないのですが、「真夜中のミュージアム」「どたばたオーケストラ」両方とも、キャラクター皆で騒いでいる感じで、面白いと思いました。BGMがクラシックだったり…
また、最後に「F組あいうえお!」の映像も追加されていました。この映像も結構好きです。
そして、最後はドラえもんのひみつ道具を紹介されました。前より紹介方法を面白いものにしたようです。
(詳しくはミュージアムで)
今回もその紹介で笑いが起きました。

また、今回のFシアター入場キップは、フィルムの上にドラえもんやのび太たちが撮影家のように写っているものでした。



他に見つけたもの

・この案内板かわいい。(チンプイです)

CIMG2098.JPG


・こんな案内板も。このミュージアムにはネタが隠されていますね…


CIMG2100.JPG

CIMG2102.JPG

CIMG2103.JPG



・ピー助の近くに…
巨神像だっけ?「のび太の大魔境」に出てきます。

CIMG2114.JPG





・ミュージアムカフェにもテレビが置かれていました。予約番号の呼び出しです。相変わらずカフェの待ち時間は長いです。
これはカフェの店員さんがiPadで操作していました。
画面の左上に小さく「iPad」と書かれています。

CIMG2117.JPG

ただ操作をし忘れて画面表示が…
このためお客さんが勘違いしてテレビ画面にタッチしてました。

CIMG2118.JPG



あと、ドラミのガシャポンができて2台に増えていました。


その後ミュージアムショップへ行ってみると新商品がたくさん!
(ジャイアンフェアのためジャイアン関連が多い)
買ったものは後述。


帰り道。夕焼けのミュージアム
CIMG2130.JPG


近くの川にもドラえもんが!

CIMG2131.JPG






そして手に入れたもの。

CIMG2136.JPG


なんかきれいなジャイアンがいます。
クリアファイルとメモ帳なのですが、この角度から撮影したこの写真は、とても面白いものに仕上がっています。

メモ帳が3冊ありますが、ジャイアンのは背景きれいなジャイアン、ゴンスケのは背景ゴンスケ+マス目、藤子キャラクターズのはキャラクターところどころ+横線です。

右下にあるオレンジ色のはジャイアンの名言が書かれたハガキです。

真ん中にあるのはアンキパンで、3つ買ったのですが、家に帰るまでに2つ割れました…



あと、ジャイアンシチューはシチューです。まだ食べてません。電子レンジで作れます。セミのぬけがらの代わりにそれが印刷されたせんべいを入れるなど…「食べ物」として販売できるように、かつ原作を忠実に再現するように、頑張ってます。普通においしいそうですが(笑)



こんな感じで、ミュージアムは来るたびに何か変わっていて楽しい場所です。
(展示室IIはまだ変わってないが…)

ドラえもん以外の作品は現在ほとんどアニメ放送や連載などほとんどされていないので、それだけにこのミュージアムの存在は、藤子・F・不二雄先生のファンにとってはかなり大きなものになるのでしょう。

あ、あと今度北海道へ行けるので、新千歳空港の「ドラえもん わくわくスカイパーク」にも行ってきます。

藤子・F・不二雄ミュージアム開館!行ってきました その3

  • 2011/09/29 23:05
  • Category: 藤子F
川崎市に9月3日(ドラえもんの誕生日!)に開館した「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ、開館当日に行ってきました。

その時の話ですが、長いので3回に分けて投稿します。

3つ目の記事です。
1つ目はこちら2つ目はこちら

目次
宿河原
登戸
F-train
オバQバス
ミュージアム入場
展示室I
ヒストリーロード
先生の部屋
展示室II
みんなのひろば
ミュージアムカフェ
はらっぱ
Fシアター
ミュージアムショップ
感想


※結構詳しく書いているので、これから行く方は、読まない方がいいかもしれません。




はらっぱ
そこから外に出ると、いつもの空き地の土管や、ドラえもん、どこでもドア、ピー助たちがいます。ここで記念撮影している人が多かったです。

・空き地の土管
土管

・ドラえもん
ドラえもん


写真4

・どこでもドア
どこでもドア


・ピー助
写真 8


ミュージアムカフェ側を見てみると
ピー助


林の中も、よく見るとキャラクターたちが…!!
これはジャングル黒べえです。
ジャングル黒べえ

パーマン1号、2号がお昼寝していました。
写真 10

他にも、Q太郎と一緒に記念撮影できるところも。探してみると、いろいろ見つかります。自転車置き場も行っていませんが、何かあったそうです。


こんな注意書きも。このチンプイかわいい。
注意書き

そこを回っていて、係員の呼びかけで気づいたのですが、「Fシアター」をまだ見ていませんでした。

ということで、早速Fシアターへ。5時の開演にぎりぎり間に合いました。




Fシアター
短編映画では、ドラえもんとパーマンのキャラクターが主に出てきましたが、他のキャラクターもみんなで行進していました!!
最初、ザ・ドラえもんズ「ゴール!ゴール!ゴール!」のように声がない映画なのかと思いましたが、ちゃんと声はありました。
短編といっても結構面白いものでした。

このシアター、映画自体も面白いのですが、他にも面白いことが…

雨でなければ、シアターに行けば分かります!

このことのせいで、会場は大爆笑になっていました。
シアターの外に座って寝てる人がいるという…




ミュージアムショップ
その後は時間もなかったのでミュージアムショップへ。
かなり混雑してました。

そして買ったのがこれ。
写真 16

あと、ジャイアンのCD(笑)
写真 17

キャラクターのビニールテープやエスパー魔美のフィギュアは売り切れてました。
チンプイのクリアファイルはもう一種類あったのですが、こっちだけ買いました。

奇天烈大百科のメモ帳もありました。僕のメガネで、枠線だけ引いてあるのが見えましたよ。
あとは、タケコプターのカチューシャなんてのも…

ここで買い物をしていると、Twitterの藤子ファンの方々に会いました。ドラミちゃんのコスプレをしている方も。
この日は、ありがとうございました。

ミュージアムショップの袋。この絵も結構好きです。
写真 14


レジの列は、6時前には、1階のレジから階段の3階まで+2階から壁をつたってまんがコーナー+その向かい側からひろばとの境目くらいまで続いていました。
一番長いときには、テレビの下まで…

本当は6時閉館なのですが、レジ列が長いので、全然閉館にはなりませんでした。
7時になると消灯し始め、シャトルバスも、時刻表では終了しているのにまだ運行していました。

7時頃にまたショップへ行くと、結構空いていて、商品の在庫を追加していました。

そしてミュージアムを出ようとすると、「またきてね!」のステッカーも。

バスに乗ると、今度はパーマンでした。
写真 15



ピンク色のバスはなかったっけ?魔美とか。




このミュージアムは、至るところにネタがあり、とても面白いです。藤子・F・不二雄先生本人の意志が表れている感じがします。

僕には、ただ面白いだけでなく、泣ける一面もありました。
悲しくて泣くのではなく、嬉しいというか、懐かしいというか…
チンプイや21エモンなどがテレビで放送されていたのは僕が生まれる前なのですが、あの、OPとEDを流し続けるテレビを見ると泣けます。僕は最近全然泣いていなかったのですが、思い出すだけで泣けました。


このミュージアムは、僕にとっては期待よりずっと上で、行く価値は十分ありました。
またいつか必ず行きたいと思います。そのときにはもっとゆっくりいろんなところを見て(トイレもキッズスペースも!…って、女子トイレとキッズスペースは無理ですね)、アンキパンを食べてウソ800を飲みたいです。


終わり

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。